道具

【水筒】象印・タイガー 使いやすい水筒はどっち!?

f:id:koni-log:20181225110915j:plain

 

 日本の水筒といえば象印とタイガー。

 
でも実際どっちのが性能がいいのかを確かめたくて、両方買ってみました。
そしたらこれがめっちゃいい商品だったので紹介させてください。
 
今回、購入したのはAmzonで高評価だったこちらの2つ。
 
タイガーの水筒は一般的な蓋をひねって開けるタイプ。対する象印はボタン式になっていて、正面のボタンを押すだけで開くワンタッチオープン式となっております。
 

本体サイズ・重量

タイガー 6.6×6.6×16.4cm(幅×奥行×高さ)/本体質量0.17kg
 象印   7.5×7.5×19cm(幅×奥行×高さ)/本体質量 0.20kg
 
象印はワンタッチオープン式のため、ちょっと蓋の背が高め。
胴回りもタイガーは綺麗な円柱なのに対し、象印のは少し丸みのある形になっています。
 

保温力

タイガー(6時間/1時間):69℃以上/86℃以上
象印(6時間/1時間):66℃以上/86℃以上
※室温20℃前後の際に95℃の湯を入れた場合の保温温度
 
公式数値ではタイガーの方が少しだけ保温力が高いようです。
 
ただ実際使っている限り、どちらも保温力は申し分ないです。
やかんで煮出したばかりのお茶を入れて持っていけば、数時間経っても熱すぎて飲めないくらいしっかり保温されてます。
 
 

気になる使い勝手は!?

 

象印 SM-TA36 360ml

象印の水筒はとにかく手軽に使えるのが最高です。

 
 
ワンボタンで蓋を開けられて、そのまますぐに飲める。
 
デスク作業中なんかに片手で開けてそのまま飲めるので、他の行動しながら飲めるのがめちゃくちゃいい。
 
閉じるまでも片手で出来なくはないですが、結構硬いので、閉じる時は両手推奨です。
と言ってもただ上蓋を押さえつけるだけですので、ながら作業で閉じれます。便利。
ペットボトルよりもスムーズに飲むことができます。
 
電車や出先などでもサッと取り出して、飲めるし、非常に使い勝手がいい!!
上蓋もしっかり開くので、飲むときに鼻に当たったりすることもないのも最高です。
 
ただ少しだけ手間だと思うのが、完全に閉じるには二段階でロックが必要なこと。
 
 
上蓋を閉じた後、横にあるロックをしないと、当然ワンタッチで空いてしまいます。
 
実は早速初日でロックをし忘れて、そのままカバンに入れてしまいました。
幸いボタンが押されなければ蓋は開かないので、大丈夫でしたが。
 
僕のようにそそっかしい人はいつかカバンをビショビショにしそうな不安があります。
 
実際Amazonレビューにも、「子供がロックせずにこぼしてしまった」
というレビューも。
 
子供が。
 
僕は子供レベルです。
 
テプラとかでロックを忘れないこと!とか貼っておくと忘れなそう。
 
子供か。
 
ただ使っているうちにロックするのにも慣れてきたので、そんなに心配はいらないかも。
 
掃除に関しては水筒本体と4つの部品に分かれるので、少しだけ多いかな?
でもまぁ許容範囲ではないでしょうか。
 
また、暖かい飲み物の時は気にならないのですが、冷たい飲み物を一気にかっこみたいときに飲み口が狭いので、ちょっとずつしか出ないのがもどかしい。

 
f:id:koni-log:20181224174334j:plain
 
普通水筒はスポーツドリンクは非推奨ですが、この水筒はスポーツドリンク対応なので、余計ぐびぐび行きたいところなので、その辺りはちょっと残念です。
 
こんな人におすすめ!!

・とにかく手軽に飲めるのがいい人 

・作業中にサッと水分補給をしたい人

・移動中・運転中などに飲む機会が多い人

 
 

タイガー MMZ-A351 350ml 

 
こちらは蓋を回して開けるタイプのシンプルな水筒。
魅力は何と言っても、スリムでシンプルなデザインと形状。
 
凹凸がなく、綺麗な円柱なので、どんなカバンにもスッと入ります。
おまけにとても軽い。まさにシンプルイズベストを体現したような水筒となっております。
 
そして本当に素晴らしいのが、飲み口!!
めちゃくちゃ口当たりが柔らかくて心地いい。
 
 
 
肉厚で柔らかいカーブのある飲み口は、上質なマブカップで飲んでいると同じような感覚で、ずっと口をつけていられます。
 
何千回と接触する箇所なので、飲むたびに気分がいいのはほんと素晴らしいです。
 
蓋の開け閉めに関しては、当然両手を使わないと無理なので、象印のワンタッチ式と比べると少し手間ですね。
 
でもこのタイプの大きなメリットは口が大きい分、飲み物の香りがしっかりと楽しめること。
 
コーヒーや紅茶ってやっぱ香りあってこそなので、このタイプだと飲むときにふわっと香るんですよ。
タイガーの水筒だと、飲み口の柔らかさと相まって、カフェでコーヒーを楽しんでるような気分で飲めます。
 
これは象印の水筒にはない魅力ですね!!
 
そして掃除に関しても、本体・蓋・パッキンの3つしか洗うものがないのは毎日使うアイテムには非常に嬉しいですね。
 
ちょっと気になるのは中身を満杯に入れると、飲んだ後に飲み口を伝って少し液だれすることは稀にありますが、入れすぎなければ問題なさそうです。
 
単純に僕の飲み方が下手なだけかもしれません。
何しろ子供レベルなので。
 
こんな人におすすめ!!

・スリムでシンプルなデザインが好きな人 

・とにかく軽い水筒がいい人

・飲料の香りも楽しみたい人

 
 

結論 どっちがいいの?

正直本当にどっちもおすすめで、絶対に後悔しないアイテムだと思うので、目的にあった方をぜひチョイスしてください!
 
コニシは象印の水筒にノンカフェイン系のお茶・タイガーの水筒に珈琲を入れてダブルで使ったりしてます。
作業中に2種類の飲み物を常に暖かい状態で飲めるので、実は結構おすすめです。
 
寒い日々がこれからは続きますので、室内でも屋外でもどちらでも役に立つ水筒を一個買ってみてはどうでしょう?
外で飲み物を買っているのなら節約になりますしね!
 
 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です