ガジェット

【Macbook pro】ミラーリング・USB-C接続時にWi-Fiに繋がらない場合の対処法

f:id:koni-log:20190113125454j:plain

 

Macbookでミラーリングモードを使う時にWi-Fiに繋がらなくなる現象に悩んでいました。
あまりミラーリング自体を使っている人が少ないのか、なかなか検索でヒットしなかったので、備忘録も兼ねて記事にしました。
 
同じ症状でお悩みの方の参考になれば。
 

原因はUSB-Cにあり

 
ミラーリングをする際はUSB-Cのハブを通して、モニターのHDMIと接続することになると思いますが、原因はミラーリングというよりも、このUSB-Cにあるようです。
USB-Cを利用することで、Wi-Fiの無線周波数に干渉してしまう場合があります。
 

ではどうするか

 
対処法ですが、差し込むポートの位置を変える。これだけで劇的に改善しました。
 
Macの公式サイトにも以下の記載が。
 
Thunderbolt 3 (USB-C) ポートを搭載した Mac コンピュータでアダプタやドングルを使っている場合、それらを Mac の左側の手前のポート、または右側のポート (右側に搭載しているコンピュータの場合) に差し込んでください。これらのポートはアンテナからの距離が離れているため、干渉の可能性が低くなります。
 
f:id:koni-log:20190113124510j:plain

僕は右側の手前のポートに接続するようにしました。

 

f:id:koni-log:20190113124601j:plain

 

これだけで、今まで必ずと言っていいほど起きていたWi-Fiの接続トラブルが全くなくなりました。
USB-C接続、ミラーリングで悩まれている方は是非お試しください。
 
 
同じくBluetoothのせいでWi-Fiが不安定な方はこちらもご確認ください。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です