漫画

【ストーリー考察】『カイジ』和也編とは何だったのか?【ネタバレあり】

f:id:koni-log:20190129200113j:plain

前回はカイジシリーズの「和也編」の魅力について、敵役の和也に焦点を当てて書きましたが、今回は「和也編」のストーリーを中心に魅力・内容について考察させてください。

 
和きゅんの魅力について紹介した記事はこちら!

前回の記事でも書いたんだけど、カイジの評価が怪しくなってきたのってやっぱりこの「和也編」から。
 
福本伸行と仲の良い漫画家、西原理恵子に「とんちきヘルメット編」と揶揄される「和也編」は主役であるカイジがギャンブルをしないという異色のコンセプト。
 
読者からすると内容もさることながら、和也の小説「愛よりも剣」を追体験させられた挙句、
 
「なんなんだよこのアジア3人組!! 興味ねぇから和也とさっさとギャンブルしてくれ!!」
 
なんて肩透かしを食う展開だったこともあったせいか、結構な不評具合。
 
そんな批判的な意見も大いに理解できるのですが、実はコニシとしては「和也編」は結構好みだったりする。
 
カイジシリーズにおいても賛否両論ある「和也編」とは一体なんだったのか。
カイジファンのみなさん、少しの間お付き合いください。 
 

そもそもカイジの魅力・面白さとは

「和也編」の考察をする前に確認したいのが、
 
そもそもカイジの面白さって何なのか?
 
ってこと。
 
この答えは人それぞれ違うだろうけど、個人的な見解では、
 
①独創的なゲームの面白さ
②そのゲームによって浮かびあがる人間模様がどう描かれているか
 
この二点がカイジの面白さの屋台骨になっていると思う。
 
この二つの要素はどのシリーズにもあるが、各ゲームによってどちらの要素が強いかは異なっていて、比率が8:2なのか、5:5なのか、もしくは2:8だったりする。
 
そして、どの比率で描かれているゲームが面白いと感じるのかが読者の好みによって決まる。今までのゲームで分類するとこんな具合かと。 
◉ゲーム性重視
 チンチロ・沼・17歩
 
◉バランス型
 限定じゃんけん・Eカード
 
◉人間ドラマ重視
 鉄骨渡り・ティッシュくじ引き
一般的に評価の高い「限定じゃんけん」・「Eカード」・「チンチロ」・「沼」は非常にゲーム自体の魅力が高く、読んでいる読者を飽きさせず、惹きつけることに成功している。
 
そして、鉄骨渡りのようにシンプルなゲームになればなるほど、当然ゲーム要素は薄くなり、人間ドラマ中心の作風になりやすい傾向がある。
やはりゲーム性が薄いシリーズの方が評価が低くなる印象。
 
では「和也編」がどのカテゴリーに収まるのかといえば、間違いなく「人間ドラマ重視」に天秤が振れた作品になる。
 
恐らく「チンチロ」・「沼」が好きな人ほど「和也編」は好みではなく、逆に「鉄骨渡り」が好きな人は「和也編」も高評価の人が多いのではないだろうか。
 
このカイジの面白さである2つの要素、「ゲーム性」と「人間ドラマ」の両側面から「和也編」の内容について確認していきたい。
 
ちなみに冒頭の「愛よりも剣」は割愛して、友情確認ゲーム、「救出」をベースにして考察することにする。
  

①ゲーム性について

 「和也編」のメインのゲームはアジア3人組による友情確認ゲーム、通称「救出」。
 
結論からいえばゲームとしての魅力はかなり微妙だったと言わざるを得ない。
カイジ作品のゲームの肝はカイジがいかに勝負の中で相手を出し抜き、勝利をモノにするのかという点。
 
しかしこの「救出」において、勝負の攻略法としてアジア3人組が編み出したのは「以心伝心システム」と呼ばれるテクニックのみで、それだけでゲームの攻略が可能という非常にシンプルかつ深みのないもので、ゲーム自体に魅力のあるものではなかった。
 
さらにはゲームの途中で和也の不正な介入が幾度となく繰り返される点も、ゲームの価値をより薄くした。
 
前シリーズの「17歩」においてカイジは和也のことを「どこかフェアー」な男であり、見ようによっては信頼のできる男であると評価しているが、「救出」における和也のゲームへの介入はその評価に似つかわしくなく、
 
「なんだよ、和也のこと好きだったのにがっかりだよ」
 
なんて感情を抱いてしまうのもゲームに興ざめする原因となった。
 
ただ、この和也の介入に関しては、和也本人も「本当はこんな細工はしたくなかったんだが・・・」と本位ではなかった。
それでも介入してしまった理由には、和也の思い込み、いや、信念がそうさせたと言ってもいいだろう。
 
この「救出」において、カイジと和也は直接戦っているわけではないが、二人の信じている真実(真の友情は存在するのか、しないのか?)はどちらが正しいのかを確かめる勝負、とも言い換えることができる。
 
和也にしてみれば、友情なんてものはそもそも存在しないものであり、それを証明するのが「救出」というゲームの役割。
和也にとって友情は存在しない。だからゲーム内において成立することは絶対にあり得ない。
なのに友情が成立してしまっているのであれば、そこには必ず「裏」がある。
 
その「裏」を「光山がゲーム開始前にチャンとマリオに飛ばした檄」だと解釈した和也からしてみれば、先に不正をしたのはアジア3人組の方であり、正当にゲームを行うためには、不本意だが介入するしかなかった。
 
f:id:koni-log:20190127223609j:plain

引用:賭博堕天録カイジ

 
和也としては、この介入は自分がこのゲームに勝つためではなく、正当なゲームへと修正するための致し方ない処置だったことは偽りのない本音だろう。
 
しかし読者からしてみれば、週間連載時にここまで推察するのは土台無理な話で、興ざめするシーンだったのは間違いない。
 
「和也編」は全10巻構成で、4巻目以降は和也だけではなく、カイジも含め、様々な介入が発生している。つまり4巻以降はゲーム外の外的要因がアジア3人組を苦しめる展開になっており、ゲームとしては序盤ですでに破綻してしまっていた。
 
また、ゲームの結末としても、裏切りを行なった光山が特に痛い目に合うわけでもなく、大金を手にし、そそくさと何事もなかったかのように逃げおおせるという、腑に落ちない結果になったことも非常にモヤモヤするオチだった。
 
もっとも、当時から週刊連載で追っていた身としては、これ以上光山の話を引っ張られていたらそれこそ拷問だったので、あれは懸命な処理だったとは思う。
 
つまるところ、この「救出」はゲームそのものに深みがないため、和也の介入がなければストーリーが成り立たない作品だった。
ゲームとしての面白さでは、カイジ作品の中で駄作に位置するシリーズなのは間違いない事実だ。
 
ではゲーム性について語ったところで、肝心の人間ドラマに関しての「和也編」についての考察ですが、だいぶ長くなってしまったので、一旦ここで打ち切り。
 
次回の「和也編」の人間ドラマ部分の考察に続きます。
 
※後編はこちら。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です