【考察後編】『カイジ』和也編とは何だったのか?【ネタバレあり】

f:id:koni-log:20190130173832j:plain

カイジ「和也編」のストーリー考察。

前回はゲーム自体の考察をしたので、今回は「人間ドラマ」の観点から和也編を考察していきたいと思います。
簡単にストーリーをおさらいしつつ、友情確認ゲームとはなんだったのかに迫ります。
 
※こちらの記事は後編になります。前編はこちらから!


人間ドラマとしての「和也編」

ゲームとしてみると非常に残念なところが多い「和也編」ですが、和也編の真骨頂はゲームそのものではなく、福本伸行の描く哲学とも呼べる人間ドラマにこそあり。淡白なゲーム性とは裏腹に人間の描写はかなり濃密。
 
福本伸行がこの世に生を受けてから、誕生以来継ぎ足しで作った秘伝のタレをベースにした濃厚哲学スープに、シンプルなゲーム性という麺がトッピングで乗ってる感じ。
 
通はスープで味を図れ!!と言わんばかりの頑固オヤジが作ったラーメンのような作品。それが「和也編」なのだ。
 

チャンとマリオの回想シーンが普通に泣ける

まず兎にも角にも登場人物のチャンとマリオの回想シーンが本当に素晴らしい。
マリオのフィリピンの貧困窟であるスカベンジャーでの兄とのエピソードもいいが、チャンの回想は控えめに言って、神。
 
中国の一人っ子政策の中、次男として産まれたチャンは、無国籍の人間として一生労働するために他人に飼われる人生しかなかった。
そんな絶望的な環境の中で、いつか訪れるかもしれない可能性のためにチャンは必死に耐え忍んだ。
 
束の間の休日、チャンの前にあったのは、普段食べることなど夢のまた夢である肉まんと、ボロボロの日本語教材。
 
必ず手に入る久しぶりの食欲の快楽と、手にしたところであるかないかもわからない未来の可能性。そのどちらを選ぶべきか。
このチャンの迷いと決断に俺は思わず口を噛み締め、涙を堪えた。
迷った!!
迷ったよ僕は・・・・!
 
でも・・・・!
 
でも・・・・!
 
ても僕は
掴んだ!
 
あるかないかわからない
未来を・・・・!
©️賭博堕天録カイジ 

f:id:koni-log:20190130144621j:plain

引用:賭博堕天録カイジ

まさか肉まんの表現に涙を誘われるとは思ってもみなかったよ・・・・!!
俺は・・・・!!
 
福本伸行の奇才っぷりがここに凝縮されてる。そう言っても過言ではない。
 

13回戦のチャン・14回戦のマリオの決断

二人の回想を終え、肝心のゲーム内に入ると、その心情描写にはまさに圧巻。福本伸行の人生哲学がこの作品には詰まってる。
 
和也の介入が発生した11回戦、その影響を受け「マリオのバグ」が発生した12回戦、
そして次の13回戦、救出者はチャン。
 
この13回戦においてもマリオのバグは収まることはなく、3人は命の危機に晒される。
チャンの機転により、どうにか光山とマリオの死は免れたが、チャンは逡巡する。
 
この13回戦、クリアして14回戦に繋げていいのかどうか。 
救っていいのか・・・・?
 
もし救ってしまって
その後・・・・その後・・・・・・・・
 
仮に自分が救ったとして、次の14回戦、果たして二人は自分を救ってくれるだろうか?
 
ここを逃す・・ってことは
それは命を捨てる・・ってことじゃないのか?
 ©️賭博堕天録カイジ
 
チャンの心に恐怖と不安が巣食い始める。
「仲間が自分を裏切り、殺そうとするのではないか?」という恐怖。
ただ、チャンはそう思わせること自体がこのゲームの悪魔じみた本質であることを見抜いた。
 
幻だ!
今よぎった
 
真っ黒な未来・・・・・・・・・・!
 
その未来が
まるで避けられない運命みたいに
この身を包むけど
 
それは
間違い!!
 
決まってなどいない
未来は・・・・・・!
 
白紙!!
 引用:賭博堕天録カイジ

f:id:koni-log:20190130144625j:plain

引用:賭博堕天録カイジ

チャンは自分を見失わなかった。
未来は決まっているのではなく、自分自身が見つけ、勝ち取るものであることを。
そしてそれは自身が逆境に屈することなく未来を掴み取り、日本にやってきたのと同じことだった。
 
この「和也編」ではチャンを通して“人間が持つ強さ”が描かれている。そして同じ境遇であるマリオを通して描かれているのは、“人間が持つ弱さ”だ。
 
マリオはチャンと境遇こそ近いが、チャンと比べるとどこか頼りなく、弱々しい。
日本にやってこれたのも尊い兄の存在のおかげであり、己の力で未来を掴み取ったのではない。
 
チャンが悪魔を払いのけて、仲間の命を繋いだ後の14回戦。
救出者はマリオ。
救いたいっ!
本当は救いたい!
 
でも・・・・・・・・
もし救ったら・・・
 
次・・・・
二人は?
二人は?
二人は?
 
救ってくれるだろうか?
 
もしかしたら・・・・
もしかしたら!
もしかしたら!
 ©️賭博堕天録カイジ

マリオは悩んだ。それでもどうにか勇気を奮い立たせ、救出ボタンの前には立った。

しかしボタンを押す覚悟がない。
 
きっとマリオは押せなかっただろう。
今は亡き、尊い兄の存在が心になければ。
 

f:id:koni-log:20190130144628j:plain

引用:賭博堕天録カイジ

二人は信じた。
チャンは自分の意思で掴み取ってきた未来を。
マリオは自分を支えてくれた尊い兄を。
 

友情確認ゲームとは何だったのか。

13・14回戦、死の恐怖に打ち克ちながらゲームをクリアした二人を見て、和也は困惑した。
 
バカッ!!
あり得ねぇだろっ!
 
なぜ押す!!
なぜ押せる?
 
死ぬっ・・・・・・!
次に回したら死ぬっ・・・・・・!
死ぬっていうのに・・・・・・・・・・・・!
引用:賭博堕天録カイジ

f:id:koni-log:20190130144631j:plain

引用:賭博堕天録カイジ

和也にとって友情なんてものは存在しない。和也の言葉を借りれば「似非」であり「虚仮」でしかない。そんなものに自分の命を賭けるなんてありえない。
 
いや、あってはいけないのだ。
和也にとって、友情が存在することは許されなかった。
 
もし友情が本当に存在するのなら、自分の価値観が間違っていることになる。
それはつまり、他者からの信頼・愛情を獲得できないのは、和也自身のせいであることを認めねばならないということ。
 
それは和也にとって決して受け入れられるものではなかった。
だからこそ和也は、この二人の決断・意思を「バカだからこの危機を理解できない」と理由づけることでしか自己の理性を保てなかった。
 
さらに、和也が二人の行動を理解できないのにはもう一つ原因があったと推測できる。
 
この「救出」ゲームの命題は「真実の友情は存在するのか否か?」だが、実際のところ「救出」は単なる友情を確認するゲームにはとどまらなかった。
 
恐らく「救出」の真の命題は、単なる友情の確認ではなく、「他者を通じて、自分の信念を貫き通すことができるか?」だ。
 
「救出」は、友情だけではなく、友情の先に映る自分自身が問われている。
自分と相手の友情を信じるというのは、「“友を信じる”という己の信念を貫き通すこと」だ。
 
チャンとマリオの決断には、友を救いたいという気持ちの他に、自分が持っている信念・正しさを信じる強さがあった。
友に裏切られるかもしれない。それでも自分が信じた友情を信じたい。
なぜならそれが自分自身の信念であり、矜持だったからだ。
 
しかし光山は次の14回戦において「チャンが信用できない」という理由で二人の救出を放棄した。ただその理由は誤りで、光山はチャンではなく、自分を信じられなかったのだ。
 
それはつまり、「“命を賭してまで友を信じる”という自分の信念」を信じられなかったのだ。
 
もっとも和也からしてみれば、そもそも信じるべき友情というものが存在しない以上、二人の信念を理解することはできなかっただろう。
 

人は生まれながらにして善か悪か

アジア3人組が「救出」によって自分の信念を問われている一方で、カイジと和也の間で問われていたのも「真実の友情が存在するか?」ではなく「人は生まれながらにして悪か、それとも善か?」という問いだった。
 
性悪説を地で行く和也にとって、人は生まれながらにして悪であり、その悪を土台にして、似非の友情・愛情が乗っかっているに過ぎない。だから少し負荷を与えれば、化けの皮を現すのだと信じており、それを証明するのが「救出」というゲームだ。
 
しかしカイジは、人は、本当は誰かを救いたいと願う生き物だという信念がある。
それは賭博黙示録の人間競馬「ブレイブメンロード」のワンシーンでも描かれている。
 
押さなければ押される・・・・・・!
けど・・・・・・・・・・・・・・・
 
押さないっ・・・・・・!
押さない・・・・・・・・
押さない・・・・・・・・
 
押さないんだっ・・・・!
 ©️賭博黙示録カイジ

人の根底には誰かを救いたい、優しくありたいと願う心がある。しかしそれはあまりにもか細く、心もとない。でもカイジは確かに在ると信じているのだ。

 
カイジと和也、二人が今まで味わってきた苦難は決して相対するものではなく、共に他人に裏切られ、深く傷ついてきた。
和也はそこで他人と寄り添うことを諦めたが、カイジは人を信じることを諦めてはいない。
 
和也はこのカイジの価値観を“根っこが腐ってる”と評価を下しているのだが、果たして本当に腐っているのはどちらなのか。
それがこの「和也編」の救出ゲームにおいて描かれた二人の価値観の対立であり、二人の信念は次編の「ワンポーカー編」で相見えることになる。
 

できればもう一度読み返してほしい。

以上「和也編」のゲーム性・人間ドラマの両面から考察をしてみたのですが、いかがでしょうか。少しでも「和也編」の価値観の再考に役立てば幸いです。
 
連載でしか「和也編」追っていなかった人は、もう一度単行本で全編通して通読してみることをお勧めします。
 
週刊連載で福本作品を読んでいると、宿命とも言えるのが、中だるみと無駄な引き伸ばし感のオンパレード。
さらに毎週連載ではなく、休載まで挟まれるので、もはや苦行でしかない。
 
そんな苦行状態だと、なかなか冷静に作品を判断できなくなるので、連載が終わった後の一気読みもお勧めです。
 
「和也編」では美心からお小遣いをもらうカイジという最高に面白いシーンが見れるので、読み返して決して損はしませんよ!!

f:id:koni-log:20190130144635j:plain

引用:賭博堕天録カイジ

カイジ・・・そりゃ坂崎のおっちゃんも追い出すよ・・・
 
福本先生の怖いのが、この美心のシーンをウケ狙いで書いてるのか、あくまでもストーリーの一部として自然に書いてるのかがわからないところ。
個人的にはガチで書いてるのが面白くなっちゃってる説を推してるんですが。
 
そして「和也編」何より敵役の和也が最高に魅力的。
和きゅんの魅力についてはこちらの記事でお楽しみください。

講談社さん、次回のスピンオフ作の主役は是非とも和きゅんでお願いします!!

賭博堕天録カイジ 和也編 コミック 1-10巻セット (ヤングマガジンコミックス)

賭博堕天録カイジ 和也編 コミック 1-10巻セット (ヤングマガジンコミックス)

 
賭博堕天録カイジ ワン ポーカー編 コミック 全16巻 セット

賭博堕天録カイジ ワン ポーカー編 コミック 全16巻 セット