【考察・感想】『賭博堕天録カイジ』ワン・ポーカー編は本当につまらないのか?【ネタバレあり】

f:id:koni-log:20190205183720j:plain

漫画家、福本伸行は死んだ!!

ギレン・サビのごとく、そう高らかに宣言するファンが生まれてしまったカイジ「ワン・ポーカー編」。カイジファンなら言わずもがな。Amazon評価はとんでもないことに。

f:id:koni-log:20190205180231j:plain

ネタレビューも混じってるとはいえ、この低評価は流石に異常。
ここまでくると逆にレビューとして信憑性がないレベル。 

「詐欺」

「漫画ではなく、617円のゴミ」

「福本伸行は焼き土下座して全読者に謝礼しろ」

などとレビューは大荒れの荒れ。カイジファン、完全に暴徒化。

その姿はまるで怒りに我を忘れた王蟲の群。もうマーブルチョコ撒いて静めるしかない。

暴徒ファン・・・フォロワー数4のツイッターへお帰り!

アマゾンレビューはあなたたちの住む世界じゃないのよ!

 

なぜワン・ポーカー編はファンを暴徒化させたのか?

さてマーブルチョコの絶大な効果で暴徒ファンに静まってもらったところで、早速考察に入るわけですが、やはりまずはファンが暴徒化した原因、「ワン・ポーカーつまらない派」の意見を拾っていくことにしよう。

①とにかく長い。

いの一番に挙がるのはやっぱりこれ。

とにかく長い、くどい、展開が遅い。Amazonレビューのほとんどはこの手の批判。

ワンポーカー編は引き伸ばしとも取られかねない心理描写・演出がふんだんに盛り込まれており、一巻丸々使っても1ゲームの決着がつかないような展開もザラ。

ここはUP・・・!いや!だからこそDOWNカードでレイズすればドロップさせられる・・・!
いやそう相手も思ってるからこそUPだ! ぐっ、いや止まれ・・・!そういえばさっきのカードは・・・?
ぐっ・・・! どっちだ・・・どっちなんだ・・・?

延々こんなことやってるだけの漫画だと言われれば、まるっきり間違った説明でないのは確か。

しかし福本ファンならある種慣れっこ(というよりもこれが福本漫画の味でもある)になっているはずのこの展開。なのにどうしてこれほど否定されているのか。その理由は今回のシリーズ巻数と、過去のカイジシリーズとの比較にある。

カイジシリーズのほとんどは全13巻構成だが、この「ワンポーカー編」は全16巻構成。そして今まで1種類のゲームだけでシリーズを終えたのは『賭博堕天録』の「17歩」のみで、今回はそれを3巻も超えてきたことになる。

カイジシリーズにおいて、「ワンポーカー編」は単純にどのシリーズ・どのゲームよりもずっと長いのだ。

そして批判される最大の原因は悲しいかな、過去の作品との対比にある。

否定派の意見を簡潔に言えば、 

Eカードと比較して長すぎるだろ。

ということにつきる。

カイジファンにとって『賭博黙示録』のEカードはもはや伝説。カイジが好きでEカード嫌いな奴なんて存在しない。もし万が一、いや億が一嫌いという奴がいるなら、二度とカイジという言葉を口にするな。お前の人生にはカイジは必要ない。

このEカード、ゲーム自体の面白さや背景の素晴らしさもさることながら、カイジの命を賭して成し得た逆転劇、そして仇役である利根川の意地の焼き土下座までが、なんと3巻半で収まっている。

あの内容がたった3巻半!! どんなに還元したってあり得ないほどの濃縮具合。ジャパネットの利益還元祭でこれやったら、注文した客に逆に金あげてるくらいのレベル。

今回のワン・ポーカーは1対1のタイマン勝負、カードを用いた戦いであること、そしてカードを通した裏のかきあい、策謀、心理戦など、ゲームの性質がEカードとかなり似通っており、どうしたって比較対象になってしまう。

Eカードの素晴らしさは『賭博黙示録』の全編通した流れを含めた良さであり、一概に比較できるものではないが、ワン・ポーカーの方が分が悪いのは事実だ。

②しょーもない結末にがっかり。

過去作と比べて目立つのは作品の間延び感だけではなく、結末の出来栄えが見劣りする点も多くの批判を招いた。

前作「和也編」のオチも、ゲーム面だけを切り取れば、裏切った光山の一人勝ちというなんとも消化不良のエンディングだっただけに、和也との直接対決であるワン・ポーカーのラストには大きな期待が寄せられていた。 

「ワン・ポーカー編」では和也との勝負に勝利したカイジに待っていたのは、皮肉にも敵である和也の命を救うという救出作戦。


和也は一体どうなる!? 
その救出方法とは・・・!?

  

f:id:koni-log:20190205180425j:plain

  引用:賭博堕天録カイジ

まさかのブルーシートおにぎり作戦。

 

f:id:koni-log:20190205180543j:plain

  引用:賭博堕天録カイジ

具は和也。

 

落下する和也を救うため、ブルーシートで作ったおにぎりによって和也を優しく包み込むという決死の大作戦。

いやしかし、いくらふんわり包んだお米(アジア3ヶ国ブレンド米)でもさすがに超高度から落下する具(和也)の衝撃を受け止めきれるか!?

 

フワって…

f:id:koni-log:20190205180634j:plain

  引用:賭博堕天録カイジ

ラピュタかな?

天空の城ラピュタ [DVD]

飛行石持ったシータ以外は許されない物理法則により、和也無事生還・・・!!

 

ってあのさぁ・・・
なんなのこの救出方法?


具(和也)が真ん中に収まらなかったらどうするつもりだったわけ?
絶対お米も具も粉砕してたでしょ。

カイジも自分が負けて落下しそうになった時に「物理の法則なんてしらね・・! 知ったこっちゃねぇ!」と嘯いてましたが、まさに「シリーズのオチなんてしらね・・!」と言わんばかりのオチ。これには流石の福本信者のオレもがっかり。

しかしこのラピュタ落ちとは裏腹に、ゲーム自体の決着は決して悪くない。
イカサマの裏をかいて勝利をものにしたカイジ、まさかの勝負前のカードの宣言、そして敵である和也の心理描写。いくら長いくどいと否定されてもこのシーンは非常にうまく描けていた。

ただ、限定じゃんけん、Eカード、チンチロ、沼で魅せられたあの恍惚なゲームの勝利と気持ちのいい幕引き。あの快感が脳髄に染み付いてる人間からすると、どうしてもこの天空の城ラピュタならぬ、オニギリの上カズヤのオチは物足りないものではあった。

③和也のイカサマ

そしてワン・ポーカー編で最も根深く、作品の質そのものに直結する批判は 

和也のイカサマをどう捉えるか?」問題である。

話が長い・オチが微妙の二つの批判には、「長くても面白けりゃいいじゃん」だったり、「最後のオチは微妙だったけど、ゲームは面白かったじゃん」だったり、いろいろと捉えようはあるわけで、作品の根幹を揺るがす批判ではない。

しかし、和也のイカサマを許せないカイジファンからすると、「ワン・ポーカー編」は全否定だろう。
確かに和也は最初からガチの勝負を求めていた。ゲーム開始前にも、和也自身の口で、

オレは今夜

人生を賭けたい!

カイジとオレの人生を賭けたい!

  引用:賭博堕天録

と言っていることからも、読者は当然イカサマなしのガチンコ勝負だと信じ込んでいた。和也というキャラ的にもイカサマはしないだろうという認識が読者の中にはあった。

ただ実際和也は「和也編」において、救出ゲームに介入はしているのだが、そこには和也なりの信念があってのことであり、ゲームにおいてはあくまでもガチにこだわるだろうと思われていた。

 ※ちなみに和也編の考察はこちらから。その和也がしでかしたイカサマは、つまらない派からすれば今までのストーリーそのものをぶち壊されたも同然の行為だったと言える。

 あれだけガチ勝負だと言っておいて、イカサマしちゃったら、今までのストーリーはなんだったのか、そして和也というキャラがブレてしまってはそれこそお話にならないでしょ。というのが否定派の意見である。

このイカサマに関しては、非常に評価が難しい部分だが、一考に値するのは、 

もし仮に、イカサマなしのガチンコ勝負だったら、もっと面白かったのか?

という点だろう。

今回のワン・ポーカー編は、和也のイカサマに気づいたカイジが、そのイカサマを裏の裏まで見切ったことで主導権を持つ和也に勝利するという、まさにカイジらしい直感・ひらめきを利用した勝利だった。

もしこのイカサマがなければ、それこそ否定派が最も忌み嫌っていた、無駄に長い裏のかきあい・読み合いが延々と発生し続けるだけのただのギャンブル漫画になっていただろう。 

そして和也というキャラクター性に関して言えば、イカサマをしたことで和也のキャラクター性がブレたのではなく、むしろあの場面でイカサマをする点に、和也というキャラクターの本質が描かれてたとも言える。

真剣な勝負を行うことでしか生の渇望を癒すことができなかった和也が、ガチの勝負を求めていたことは確か。

しかしそれと同時に自分が勝負に負けることは絶対に許されないし、許せない。なぜなら和也にとって負けることは自分の正しさ・真実が否定されるのと同義だからだ。それは「和也編」における「愛よりも剣」・「救出」といったゲームへの執着からも見て取れる。

真剣に勝負はしたいが、勝負には絶対に負けたくない。

この相反する矛盾した感情こそが和也という人間の本質だ。

 

そんな和也が生み出したゲームであるワン・ポーカーにおいて、和也がイカサマを用意しないのはあり得ない。

和也は勝負中にカイジのことを「自分の都合のいいことしか考えてこなかったクズ」と評したが、それは和也も同じで、自分が負けることなどありえないと思っている。

しかしそれでも万が一、もし自分が負けるような危機に陥る可能性、いわば“イレギュラー”には遭遇するかもしれないとは考えただろう。

自分の愛する母をなぞらえ、マザー・ソフィーと名付けた機械で自分が負けること絶対に許されない。
マザー・ソフィーの寵愛を受けるのは必ず自分でなければならない以上、イレギュラーに対応するための準備は必須であり、機械にイカサマを設置するのは当然の判断だっただろう。

さらに今回のゲームは和也にしてみれば、一度は勝っているはずの勝負だった。
自分が認めた特例とはいえ、チャンとマリオの命をライフとして再勝負をしている最中に起こった苦戦はまさにイレギュラーだったに違いない。

真剣勝負を望んでいた和也にとってもこれ以上の敗北は危険と判断し、不本意ではあるがイカサマの使用を決意したのだろう。

改めて和也の人間性を考えれば、イカサマの設置・使用は納得できる行為であり、むしろ一切イカサマをせず、敗北覚悟でヒラの真剣勝負を挑むほうが返って和也のキャラクター像に反していると言える。

もし和也がイカサマなしの真剣勝負でカイジに打ち勝つことを本当に望んだとしたら、もはやそれは同じ福本伸行が描く漫画『天』に登場する天と原田の東西戦後の「二人麻雀」のような思想と世界観だ。
それは利益云々ではなく、ただどちらが強いかを決めるために行われた、ギャンブルを超えた男と男の尊い勝負の世界。和也はそこまでの思想にはとても到達できてはいなかったし、だからこそカイジはその姿をみて、和也を「哀れ」と形容した。

このゲームにおいてイカサマが発生するのは、カイジという作品から見ても、和也というキャラクターから見ても、自然な着地点だったと個人的には思う。


ワン・ポーカー編とはなんだったのか?

批判の多いワン・ポーカー編ですが、その中には非常に魅力的な瞬間が散りばめられていたのも事実。カイジたち、いわば持たざる者たちが己の命を賭けて人生に立ち向かい、絶対強者に勝つストーリー、それがワン・ポーカー編。

そして「和也編」・「ワン・ポーカー編」とシリーズ最長の仇役として登場した和也は、カイジ作品にしては珍しく「純粋さ」を持ち合わせていた敵キャラクターだった。

生まれた瞬間から決まっていた勝者ゆえの孤独。その孤独を否定するために他者を拒み続けた和也が敗れたのは、どれだけ裏切られても、人を信じ、想うことを止められないカイジだった。

全てをもつ和也が唯一手に入れることができなかったもの、それが今回のゲームの

勝敗と結末を決定づけた。

和也

お前は寂しかったんだ

心底悪いヤツじゃねぇ お前はただ・・・

ただ・・・

友達が欲しかっただけ・・なんだ

  引用:賭博堕天録 

 「和也編」・「ワン・ポーカー編」の主役とも言える和也というキャラを描き切った。それが「ワン・ポーカー編」とはなんだったのか、その一つの答えだろう。

 

賭博堕天録カイジ ワン ポーカー編 コミック 全16巻 セット

賭博堕天録カイジ ワン ポーカー編 コミック 全16巻 セット

 

「和也編」の考察をご覧になってない方はこちらもぜひ。