健康

【太る方法】ガリの体重増加計画【胃腸虚弱をどうにかする】

f:id:koni-log:20180818213402j:plain

太りたい。

こんなことを言うと、多くの人、特に世の女性たちから

「うわっ、すごいイヤミなんですけど~」

 

 

なんて言われるんですけど、真剣な悩みなんです。

 

明日からダイエットする!なんていってケーキ頬張ってるお前達よりはな。

 

 

僕は子供の頃からガリガリ体質で、成長期に身長だけは伸びても全然体重が増えませんでした。

 

大人になった今も身長は175cmに対して、

 

 

体重は53.5kg。

 

 

まさにガリガリです。

 

裸で鏡に立とうものなら、欠食児童ならぬ欠食アラサーです。

 

服を着ていれば、スリムでスタイルいいね、なんて無理して褒めてくれる人もいますが、やっぱり貧弱だし、ちょっと頼りない印象になりますよね。

 

健康面においても痩せすぎはよくないと言われていまし、どうにか改善したいなぁと常々思ってます。

しかし太りたい、というと決まってやってくる敵が、

 

 

ってか太るなんて、飯食いまくってりゃ勝手に太らね?

 

 

という意見である。

 

簡単に太れる健康なデブ共はそういいますが、そんなもんガリから言わせれば

 

 

痩せるなんて運動して筋肉つけて、食べる量制限すりゃ痩せるだろ?

 

 

っていってるようなもんです。

 

女性にそんなことドヤ顔で言ってる人いませんか?
100%裏で罵倒されてますから、気をつけてくださいね。

もちろん体重管理には食べる量を調整するのは当然必要ですが、そんな単純な話で解決されてたら、体重の悩みなんてそもそも存在しません。

やっぱり痩せられない人にはそれなりに理由が、太れない人にも同じようにそれなりに理由があるはずなんです。

 

 

ではなぜ太れないのか。

胃腸機能が弱い

 

ほとんどの人はこれが理由なんじゃないでしょうか。

たくさん食べようとしても、胃腸が弱くて食べられない。

 

太るために頑張って食べなきゃ・・・なんて無理して食べていたら、胃腸が荒れて、その結果、逆流性食道炎になってしまったり(実話)

無理したせいで胃腸を壊し、かえって痩せた・・・なんて経験がコニシにはあります。

 

よくプロのスポーツ選手が一番きつかったトレーニングは”食事”

なんて話を聞きますが、やっぱり無理して食べるっていうのはきついです。

 

そもそもガリの人ってそんなに食に貪欲じゃない人が多い気がします。

 

やはりガリにとって大切なのは、

 

 

どうすればなるべく無理なく、負担なく、食事を摂取し、

その栄養素をどう効率的に体内に吸収させるか

 

 

ということになるでしょう。

 

そもそも胃腸が弱いって?

 

胃腸が弱いって具体的にどういうことなんでしょう?

胃腸の仕事について改めて調べてみると

 

胃腸の役割

摂取した食物を蓄える
蓄えた食物を消化・分解する
分解した食物から栄養分を吸収する
残ったかすが便として排出される

 

つまり胃腸は栄養素を吸収するための僕らの体内の工場だと言えます。

 

この工場に何らかの欠陥や生産性が悪い部門があると胃腸が弱いということです。

 

太れない人の胃腸工場は、摂取した食物からを適切に消化し、栄養素を吸収するシステムが、太れる人の胃腸工場より劣っているのです。

 

そもそも工場の処理能力が劣っているのに、無理に食べたりなんかしたら、工場がパンクするのは当然ですよね。

つまり胃腸工場のブラック企業化です。

 

従業員たちは疲弊しきって、生産能力は激減。

 

我慢の限界を迎えたある日、僕ら経営者にストライキ(体調不良)をして訴えるわけですね。

 

なんか自分がしていることの愚かさがわかってきました。

僕は自分が勤めている会社の社長並みに従業員の気持ちがわかっていなかった。

(社長!! 俺のブログ読んでるか!?)

 

すまん。株式会社コニシの労働者諸君。

 

これからはホワイトな労働環境を整えていくよ。

 

 

じゃあ吸収を良くすればいいんじゃね?

 

工場の欠点がわかれば、後はそこを改善すればいい。

 

つまり、消化能力を高め、栄養素を吸収しやすいようにすればいい

 

では具体的にはどうすれば消化吸収がよくなるかというと、

 

①よく噛んで食べる。

口は最初の消化器官と言われるくらい消化吸収に重要な役割をもっています。

良く噛み、咀嚼することで、食物を細かく分解します。そして噛むことで唾液の分泌が良くなります。唾液には消化を助ける消化酵素のアミラーゼが含まれています。

 

よく噛むことが消化・吸収に非常に重要というわけです。

 

普段噛むことを意識していない人はいつもより10回くらい多く噛むようにしてみるといいようです。

けっこう自分が思っている以上にあまり噛まずに食べてしまっていることに気づきます。

 

 

②腸内環境を整える

よく、善玉菌・悪玉菌って聞きますよね。腸内にいる細菌なんですが、そのバランスを整えるとあげると、腸の働きが高まり、生産性が向上します。

バランスを崩さないためには以下の点に注意しましょう。

 

●動物性たんぱく質や脂肪分の摂り過ぎ
 肉類、乳製品などの動物性たんぱく質や脂肪は悪玉菌の栄養源となり、悪玉菌を増殖してしまいます。

 

●体内リズムの乱れ
 朝食抜きや夜更かしなどの生活リズムの乱れは、消化・吸収・排泄などの腸のリズムも乱れてしまいます。

 

●ストレス
 心身の疲れや心配事、緊張などがあると、腸の動きが悪くなり、腸の血流が乱れ、腸内細菌のバランスが崩れやすくなります。

 

●運動不足
 あまり歩かない生活を送っていると、腸のぜん動運動が鈍くなり、腸の機能が低下してしまいます。

 

●冷え
 お腹を冷やすことで、腸のぜん動運動を抑制するため、便秘や下痢などのトラブルを起こしやすくなります。

 

     ~健康づくりかわら版 日本予防医学界HPより~

 

 

③消化酵素を摂取する・増やす

 

栄養素を食物から摂取するには、食事を消化し、栄養素に分解する必要があります。

 

消化によって本当に必要な成分だけを取り出すわけです。

 

そのために必要なのが“消化酵素”です。

 

先ほど唾液にはアミラーゼと呼ばれる消化酵素があると書きましたが、消化酵素にもいろいろ種類があり、それぞれ分解できる成分と分泌される場所が違います。

 

まとめて一つの消化酵素で全ての食物を分解してくれれば楽なんですけどね。

 

どうやらそんなスーパー消化酵素は存在しないようです。残念。

 

この消化酵素の量を増やしあげることができれば、消化・吸収能力が高まるわけです。

 

我らが胃腸工場の秘密兵器とでも言えるのではないでしょうか。

 

 

消化酵素を増やすためにはどうすればいいの?

 

消化酵素を増やすには、食物から摂取が基本です。

酵素が多いとされているのは

生野菜・果物・生魚・生肉・発酵食品などです。

 

・・・なんか生のもの多い・・・多くない?

 

という方、ご名答です。

 

なぜなら消化酵素は熱に弱いという弱点があるからです。

熱を加えた食品には消化酵素は含まれていないということですね。

 

まいった、そんな生のもんばっか食えねぇよ。

 

困ったときはサプリだ。

 

食事がダメならサプリで摂ればいいじゃない。

 

こういう安直なところがコニシがダメ人間を脱却できない理由ですが、使えるものは使ってしまいましょう。

 

難しいことって続かないからね。しょうがないね。

 

そんなわけで僕が選んだ消化酵素サプリがこれ。

 


なぜプルエルを選んだか、というのはプルエルのHPの宣伝にまかせるとして、
一言で言えば、似たようなサプリの中でも割かし値段が高いからです。

コニシは形から入るのが好きなのと、

 

「せっかく高い金出したんだから元取るぞ!!」

 

と思える卑しい心の持ち主なので、モチベーション維持に繋がるかな?と考えました。

 

中には一月で一万円以上するサプリもありましたが、さすがにそれはねぇ?

 

プルエルは一月分が五千円くらいなので、ほどよい負担となっていいと思います。

 

もっと低価格な類似品だとこんなものもあります。

 

強力わかもと 1000錠 [指定医薬部外品]

強力わかもと 1000錠 [指定医薬部外品]

 

 

“強力わかもと”はあくまで胃腸薬なので、太るためのサプリではありませんが、整腸効果があるので、同様の効果は機体できそう。

 

ちょっとプルエルは高すぎる、という方にはこちらを試してみるのもいいかもしれません。

まずはプルエルを試しに3ヶ月トライしてみようと思います。

 

プラス1.5キロ、55kgくらいになったら成功かな? 

 

頑張ります。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です